念願の一戸建て購入(中古ですが)

社会人になってからアパート暮らしをしてきましたが、数年前に結婚したのを期にマイホームを手に入れようかと考えていました。結婚当時は借家住まいでしたが東日本大震災で借家の基礎にヒビが入り、余震で壊れるのではないかと気にしながら生活していました。

前から一戸建てに住むのは夢でしたが住宅ローン35年で3000万円と考えるととても自分の稼ぎでは手が届きそうにありませんでした。だたその頃新聞チラシに入っていた中古物件を見てみると近所に数件あることに気づき、もしかしたら安くていい物件があるかも?なんて考えていました。

実際震災の後東電の事故もあったことから県外に避難したまま戻らず、住んでいない家は中古で売りに出すというケースが多々ありました。現在の住んでいるところは福島県の真ん中あたりですが、周りには住んでいない空き家があちこちにあり、中古で売り出されては原発の避難区域から引っ越してきた方などが購入されています。私の購入した物件のオーナーは原発事故による避難ではなく二世帯住宅を息子が注文住宅で広島に建てたから引っ越すとの事でした。

内覧した際も、震災で壊れたところは確認できなかったため3回ほどいろいろ確認させてもらい購入を決めました。なお、周辺の同程度の面積で新築だと約3000万円はするところが、築25年と少々古いですが有名ハウスメーカーのもので1000万円強で購入出来、格安で念願のマイホームを手に入れることが出来ました。タイミングも良くラッキーだったと思っています。(駐車場はうなぎの寝床なので車の出し入れ大変ですが)